p9300008.jpg散歩亭(Barカウンター) p1030013.jpgうらら&じゅねさん姉妹 p1030010.jpgランチの準備中 p9300019.jpg安房川の水辺が美しい p9300009.jpgBarカウンターの屋久杉テーブル

オススメのお食事処

ランチや夜のお食事、焼酎一杯。

食べる事も旅た楽しみ。

屋久島にはいろんな美味しい料理やお酒、郷土の食材を使った料理などさまざまなお店が存在します、実際雑誌を見られて行っても残念なお店も多々。
これはなぜでしょう?実はほとんどの旅行雑誌に掲載されている記事は、お金を支払い枠を購入して掲載してるものが中心です。記事形式で掲載されていてもそれは演出なんてことも多々です、美味しいから雑誌に沢山掲載されるわけでもないのが実情です。こちらで紹介させて頂くお店は、本当に美味しいやスタッフが気持ち良い、マスターや女将さんが良い、食材が面白い、雰囲気がとても良いなどいろんな意味でオススメのお店を紹介させて頂きます。

美味しさや人のふれ合い、出会いが...。


屋久島の食材と言えば?
トビウオ、キビナゴ、首折れサバ、ツキアゲ、????
実はいろいろあるんです、イソモンなるトコブシの仲間の貝、カメの手なるウミガメが産卵で上がって来た時にペンチでウミガメの手を「チョキン!」、(だからウミガメは泣くんです)、やヤクシカ、ツワブキ、各種タケノコ、地魚、地鶏のお刺身、首折れサバのしゃぶしゃぶ、アサヒガニ、ミズイカ、あげたらきりがないのでこの辺で。
郷土の食材が美味しいお店、焼酎の美味しいおみせ、料理が美味しいおみせ、女将が美人のお店、マスターがヤクザルのボスザルがやっているお店、などなどいろんなオススメのお店を一挙紹介させて頂きます。

ページの先頭へ

レストランBar 散歩亭    

散歩亭(安房) TEL 0997-46-2905 

お昼のランチは長女のうららさんとじゅねさん姉妹が中心で美味しいランチを提供。
散歩亭のランチは洋食が中心になるが、細かなところに屋久島の面白食材が顔を覗かせる。その日その日で内容が変わるがどれもなかなか美味しく、リーズナブル。一湊コーヒーはなかなかの逸品。

ランチはうらら&じゅねさん姉妹がやってます。
安房川でのカヤックの後やヤクスギランド観光の後などにオススメ!。

焼酎三岳と豚味噌(MYグラス)

レストランBar 散歩亭 

夜はレストランとBarにて営業、手前のレストランスペースは観光客を中心に料理を楽しみ、奥のBarスペースは地元民や独り観光客で賑わう交流の場。カウンターには働かないで焼酎ばっかり呑んでいるヤクザルのボスがサービス。
1室だけプチ個室スペースがあり子供連れでもOK、但しこちらは人気なので要予約。
ジャズが流れる焼酎のうまいお店、外の安房川の景色がなんとも美しい、生演奏を聴きながらのプチコンサートディナーなどのイベントを行う事も。
屋久島旅工房の素泊民宿夕食付きツアー安房地域ではこちらの散歩亭さんかいその香りさんの夕食がセットされます。

お食事処 潮騒   

潮騒(宮之浦) TEL 0997-42-2721 

宮之浦でイチオシの潮騒、料理の腕はピカイチ。
屋久島では一番美味しいものは生物、二番目は焼いただけと言ったように調理をすればするほどまずくなる。なんて言った方もいる程、これは屋久島の人の調理が「てげてげ」なせいかも。潮騒は技術に裏付けられたしっかりとした美味しさ。
お昼なら私はよくうどんセットを頂く、うどんは潮騒以外では食べないと決めている。

もちろんお刺身定食やトビウオなども超オススメ!ついでに女将さんも美人!


空飛ぶトビウオ

激レア焼酎もいっぱい。 

カウンター上部には本物のトビウオが空を飛んでいる。
夜のオススメは首折れサバのしゃぶしゃぶ、この店自慢の名物料理。サバは日持ちしないのでその日の水揚げ分しか頂けないのでシケの日は食べれない。またしゃぶしゃぶは予約をしておいた方がよい、ちなみに首折れサバとはサバの種類ではない、鮮度を保つ為に釣り上げたら首を折り血抜きをする、その後氷に入れて氷り〆を行うので付いた名称。種類は「ゴマサバ」、関サバはあまりに有名だがあちらもゴマサバ、種類は同じ。みなさんが普段食べられるのはマサバ、種類が異なります。
屋久島旅工房の素泊民宿夕食付きツアー宮之浦地域ではこちらの潮騒さんの夕食がセットされます。

鮨し いその香り   

いその香り(安房) TEL 0997-46-3218 

観光客に圧倒的支持を受けるいその香り、火曜日定休+α、いつお休みになるかまったくわからない、その理由は海の漁。
いその香りは地魚料理が中心のお店、自分達で漁をして地魚を出すため漁に出れない日はお休みとなる。
びっくりする程の芸能人来店のお店。

こちらは幻のカツオ「ホシガツオ」
お隣は竹ノ内工芸、食後はこちらでお土産探し。


首折れサバ

聞いた事が無いお魚???でいっぱい。 

ランチのオススメは地魚のお刺身を定食か地魚にぎり、魚がダメな方は鶏の唐揚げ定食などもあり、家族みんなでたのしめる。
夜も営業しておりどんなお魚と出会えるかは行ってからのお楽しみ。
かなり人気のお店なので予約をするのが無難、予約時間は必ず厳守。
屋久島旅工房の素泊民宿夕食付きツアー安房地域ではこちらのいその香りさんか散歩亭さんの夕食がセットされます。

お食事処 つぼね   

つぼね(安房) TEL 0997-46-2116

安房の中心街安房橋(まんてん橋)の筋にあり家庭的な料理が自慢のお店。
店の雰囲気は綺麗で店内は開放的、テーブル席やカウンターもさるが小団体なら奥の別座敷もある。私のオススメはおとし揚げ(山芋すり下し揚げ)や煮物、砂肝のニンニク炒め、お刺身などと〆の韓国おにぎり。

数人いれば焼酎のボトルキープで呑むのが安上がり、やっぱり三岳。
実はなにを食べても美味しいのがこのお店。


美人な女将さん。

実は旅工房スタッフのお母さん。



店内のテーブルは大きく一テーブル6人座ってもゆっくり、焼酎と郷土料理でトレッキングと打ち上げ慰労会なんか盛り上がって最高。
私も時々やらせて頂きます、美味しい料理じゃなくウマい料理のお店。
お昼は基本的に営業はしておらず夜だけの営業、座敷は予約をオススメします。

cafe スマイリー   

スマイリー(安房) TEL 0997-46-2853

安房の安房川河口沿いにある何でも自家製が自慢のお店。
店の雰囲気は小さくかわいい、女の子にはオススメのcafe。
いろんな自家製ジュースやケーキが美味しく自慢、マフィンも自家製でモッチモチで美味しい。

席数が少ないので団体は難しい、夏の天気がよければテラスもあるので外で。


気さくなお姉さんが出迎えてくれるお店。

島バナナのジュースやケーキがオススメ!。



なんともかわいいメニュー、お店のあちこちにかわいいアイテムがいっぱいで女の子向けのお店
写真は自家製キャラメルプリンパフェ、アイスとプリン、バナナとキャラメルソースが絶妙。

そば処 松竹   

松竹(栗生) TEL 0997-48-2323

島の南端大川の滝の手前の集落栗生「クリオ」と読む、この集落の栗生端のたもとを山手に入りすぐ左に駐車場があり道向かいの民家に松竹の看板がある。
民家を改築した趣のあるお店、前はおばあちゃんがそばを手打ちしていたが、現在は二代目。うどんは無くおそばがきほんのお店。



屋久島のお店は注文してから少し時間を頂く、時間に余裕をもって訪れたい。


オススメは天丼セット

屋久杉のテーブルや囲炉裏もある。



オススメはやはり天丼セット、変わった野菜の天ぷらがのる。あと魚メシセットやうな丼セットなどがあり、デザートもおもしろい。
お茶はそば茶が出てくる。
落ち着いたお店なので静かに待ちたい。

居酒屋 晩酌   

晩酌(平内) TEL 0997-47-2383

屋久島は宮之浦や安房にお店が集中し、他の集落には食事のお店などはほとんどない。こちらのお店は尾之間から比較的近く、お値段も格安で美味しい。
私も遠いですがお腹一杯美味しいものを食べたい時におじゃまする、ただそのときは焼酎を飲めない犠牲者を一人たてて。

平内集落の手前を山手にあがる、看板が目印。


海中温泉の後に地鶏のお刺身で一杯。

オススメは地鶏料理



ご存じでしょうか、鹿児島県は三大地鶏の一つ「さつま鶏」の産地。
地鶏も黒豚も黒毛和牛も鹿児島県はお肉の中心県、発祥の地、美味しさ間違いなし。
地鶏はお刺身か網焼きが基本、一度食べたらやみつき間違い無し。
写真はお刺身とバター焼き。

ランチショップのご紹介   

茶屋ひらの(安房) TEL 0997-46-2816

安房集落より尾之間へ向け車で5分、屋久然料理の店「茶屋 ひらの」。
こちらのお店は小鉢を中心にいろいろな山菜やお野菜などを中心にトビウオ料理で構成さらたコース料理。女性向きの料理内容で人気が高い。
向かいは「三岳酒造」、工場なので直販は無い。

時間に余裕をもって頂きたいお料理。


安房港まで10分、お昼のトッピー前に。

郷土の山菜や自然食やトビウオ料理 

お一人からバス1台までのお客様に対応して頂けるお店。
コースは1つだけだが女性にはかなり人気、雑誌によく紹介されているので観光客中心のお店。

ランチショップのご紹介   

こしばラーメン(安房) TEL 0997-46-0000

安房集落より山手側のえびす地区、安房小学校近く「こしばラーメン」。
こちらのお店は豚骨ベースのラーメン、みそラーメンも人気が高い。

焼きめしとセットのサービスがオススメ。


安房港すぐ近く、お昼のトッピー前に。

屋久どん(安房) TEL 0997-46-3210 



安房港を出て右にすぐ、浦浜が一望出来店内はおもしろ屋久杉コレクションが展示されている。ちょっとはずかしいものもあるので興味のある方はいかがでしょう。
トビウオ料理やミズイカ定食、やくしまうどんなど。

お食事処のご紹介   

楓庵(宮之浦) TEL 0997-42-0398

うどん、おそば、どんぶりなどが中心のお店。
オススメはチャンポン、宮之浦の中心街にあり軽いお昼に。

駐車場が無いので注意。


楓庵のお向かい。

味彩(宮之浦) TEL 0997-42-0180 



御年配のご夫婦が営む定食屋さん、味やボリュームは文句無し。
私のオススメはミックスフライ定食かチャンポン。
ミックスフライはエビフライ、一口カツ、鶏の唐揚げ、これがなかなかうまい。

WARNING  写真の無断使用、転載禁止!
最近本ホームページより転載された写真が見受けられます、無断転載は絶対しないで下さい
消費税率改定により当HP内の紹介店の価格が改訂されてる場合がございます、詳細は各お店、宿等にご確認下さい。